肩痛の原因を知る簡単な検査法

検査を行い痛み(陽性)はありますか?

整形外科的テスト
(主に腱板炎・断裂、滑液包炎を見るテスト)

 

 

@ 有痛弧徴候(painful arc sign)
肩を自動的に外転(外に広げる)させると、60〜70°付近で疼痛が生じ、120°位で消失する現象を言う。炎症、あるいは断裂している腱板が烏口肩峰アーチにあたって痛みが生じ、大結節が通過したら痛みがなくなるのでこの現象が起こる

 

A ドロップアームテスト(ドロップアームサイン)
肩関節を他動的に最大外転(大きく外側から上に挙げる)させ、ゆっくりと降下させ約90°で自力で保持させる。保持できず落下したら陽性

 

B 肩峰下プッシュボタン徴候
肩峰(肩の尖っている辺りの事)の下部を手指で押し、痛みがあれば陽性で腱板炎や肩峰下滑液包炎を疑う

 

 

 

 

(上腕二頭筋炎を見るテスト)
@ ヤーガソンテスト
肘関節90°屈曲・前腕中間位(肘を軽く曲げ)にさせ、上腕を体幹につけ検者が肘を保持。検者の力に抵抗し、回外または外旋(外に回す事)させ、結節間溝に痛みがあれば陽性

 

A スピードテスト
前腕回外位(外に回し)。肘を伸展(伸ばす)し肩関節屈曲に対し検者が前腕部に抵抗を加える。結節間溝に痛みが出れば陽性。

 

・ ADL(日常生活動作)
結髪、結帯動作が制限されやすい。また上肢を居城する日常生活の動作に支障をきたす。

 

 

 

難しい言葉もございますが、分かる範囲で行って見て下さい。

 

痛みが出れば、山梨県甲府市にある整体院・整骨院信玄へご相談下さい。

 

整体院信玄では、検査を行ってから施術を開始しています。

 

山梨で肩の痛み・五十肩・四十肩でお困りでしたら一度ご相談下さい。

山梨で五十肩・四十肩
お悩みならお電話を

055‐269‐6760

↑スマホの方はタッチで発信

月曜〜日曜10:00〜20:00 不定休